Webマーケティングで独学すべきは2通り!効率よくスキル習得ならデジプロへ

Webマーケティングと言っても、Web広告の運用やアクセス解析、SEO、メルマガ 、SNSなどその領域は多岐にわたります。

領域が広い分、これから学習をされる方にとっては、どこから手をつけていいのか悩んでしまいますよね。

ここでは、Webマーケティングの学習を効率よくすすめたい方に向けて、おすすめの学習方法をご紹介いたします。

これからWebマーケティングの学習をすすめて、転職や実務で活かしたい方は特に参考にしてください。

Webマーケティングで独学すべきは2通り

Webマーケティングは、領域が広いだけにどこから学べばいいのか悩みどころです。そのような場合は、Webマーケティングを学習する「目的」に焦点を当ててみましょう。

たとえば、Webマーケティングスキルを身につけて転職や実務で活かしたいのなら、現場ですぐに使える「Web広告の運用スキル」や「コンテンツマーケティング」の2種類から独学すると良いです。

もちろんアクセス解析・メルマガ ・SNSの運用についても重要ではありますが、Web広告やコンテンツマーケティングと比較をすると、スキルの証明が難しく転職や実務ですぐに活かせるとは限りません。

Web広告やコンテンツマーケティングであれば、スキルが数値として結果に現れますし、すぐに実務で活かせるためおすすめです。

Web広告とは

Web広告とは、広告枠を持つWebサイトや検索エンジンの検索結果、メール、SNSなどインターネット上のさまざまな媒体に表示する広告のこと。

リスティング広告・ディスプレイ広告・リターゲティング広告・アフィリエイト広告・動画広告・SNS広告など豊富な種類が存在します。

自社商品やサービスのターゲットや目的に応じて、最適なWeb広告を選択することが重要。

Web広告を学習することで、Webマーケティングで重要な集客施策や再来訪施策まで対策を講じることができ、実務でもクライアントワークに活かしやすいといったメリットがあります。

Webマーケティング職への転職はもちろん、インハウス運用においても取得したスキルを活かせるでしょう。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、自社商品やサービスのターゲットとなる潜在顧客に対して、価値のあるコンテンツを制作、発信することで新規顧客を惹きつけ、最終的には商品やサービスの購入につなげるマーケティング手法のこと。

たとえば、皆さんがWebマーケティングの独学方法についてお悩みの場合、おそらく検索窓に「Webマーケティング 独学」と入力しますよね。

すると検索結果には、Webマーケティングの独学方法について記したさまざまなブログ記事が表示されると思います。

そして、そのブログ記事には読者の悩みを解決できる独学方法が記載されていて、読者はこのブログのファンになり、定期的にブログを訪問するかもしれません。

また、訪問しているうちにこのブログを書いている会社の商品やサービスの顧客になることも考えられます。

このように、読者の悩みを解決する価値ある情報を発信することで、新規顧客を獲得し、最終的には自社商品やサービスへのお問い合わせ、申し込みにつなげます。

Web広告と同様に、コンテンツマーケティングのスキルを身につけると、検索順位や売り上げという形で目に見える効果が現れるため、転職やインハウス運用でも重宝されます。

Web広告の独学方法について

リスティング広告・ディスプレイ広告・リターゲティング広告・アフィリエイト広告・動画広告・SNS広告など豊富な種類があるWeb広告を独学するにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、効率の良いWeb広告の独学方法についてご紹介いたします。

Web広告のセミナーに参加

企業に勤めている方や、現在フリーランスとして活動されている方にとっておすすめの方法が、Web広告セミナーへの参加です。

現在は新型コロナウイルスの影響等により、オフラインだけでなくオンラインセミナーも頻繁に開催されています。

「Web広告 セミナー」で検索をすれば、広告代理店やコンサルティングを行う企業のセミナー情報や、セミナーの情報サイトが数多く掲載されていますので、ぜひ参考にしてください。

Googleなどの大手企業も無料の相談会を実施しており、プロのマーケターから広告運用のノウハウを学べる機会は多いです。

ぜひ、現場で活かせるWeb広告のノウハウを学びたい方は、セミナーも検討してみてください。

Web広告スクールを受講

独学方法をご紹介している本記事ですが、たとえば「できるだけ早くWebマーケに転職したい」や「インハウス 運用で即戦力で活躍したい」などスピーディーに転職や実務で活かしたいなら、断然Web広告スクールがおすすめ。

というのも仮にあなたが業界未経験の状態からWeb広告を学び始めると、種類豊富な広告のどこから手をつけていいのか迷い、学習スピードが低下します。

また、独学でWeb広告の回し方を覚えても、実際に運用してみなければ現場で活かせるスキルは身につきません。

このような理由から、手っ取り早くWeb広告の基礎から運用まで習得したいなら、初期投資が必要にはなりますが、確実にスキルを習得できるスクールが良いでしょう。

Web広告スクールを選ぶ際は、「基礎的な学習だけのカリキュラムではないか」「実際に運用レベルまで学べるのか」この2点は確認しておくことをおすすめします。

さらに、リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告などさまざまな種類がある中で、どの広告を学びたいかも重要です。

全ての広告を網羅しているWeb広告スクールは、国内でもまだまだ少ない状況なので、慎重に見極めが必要。

弊社は、超実践的Web広告スクール「デジプロ」を開講しています。

独学では習得に時間を要するWeb広告の現場で主流の「リスティング広告」、「Google広告」、「Yahoo広告」、「Facebook広告」、「Twitter広告」、「Instagram広告」、「ディスプレイ広告」など全てのプロダクトを網羅。

オンライン・オフライン問わず、2ヶ月という濃密なカリキュラムで、基礎だけでなく実務で活かせるスキルを習得可能です。

詳しくは以下をクリック!
>>現場で使えるWeb広告のスキル習得なら超実践的「デジプロ」へ

無料教材を活用する

Web広告スクールに通う初期投資や時間がないといった方は、無料教材を活用し学習をすすめても良いでしょう。

今やYouTubeなどで「Web広告」と検索をすれば、無料で基礎知識を学べる動画が数多く公開されています。

普段は企業に勤めており、独学する時間が確保できない場合でも、通勤時間や就寝前の時間を活用して効率よく学習を進めることが可能。

Web広告やWebマーケティング業界で活躍するマーケターが公開する動画であれば、ある程度信頼できる情報として活用できます。

またYouTube以外にも「Web広告 講座」などで検索をすると、Webマーケティングを専門とする企業の無料講座などが数多くラインナップされているので、こういった無料教材も活用すると良いでしょう。

手前味噌ではございますが、弊社では超実践的Web広告スクール「デジプロ」のほかに、デジプロ内でコラム記事を閲覧できます。

本記事もまさにコラム記事なのですが、Web広告の基礎知識や学び方について無料で学習できますので、ぜひ参考にしてください。

書籍で学ぶ

「Web広告スクールまでは決心がつかないけれど」
「無料教材だと基礎的なことしか学べないし」

こういった方は、書籍で独学するのも1つの選択肢です。比較的お金をかけずにWeb広告について体系的に学べることが最大の特徴。

無料の動画教材などは、良くも悪くも誰でも動画を公開できるので、本当に信頼のできる情報なのか吟味しなければなりませんが、書籍であればこうした動画教材よりも情報の正確性に富んでいます。

オンライン学習が急速に普及していますが、必要に応じて書籍学習を組み合わせることで、オンラインでは学べない基礎知識の補完におすすめ。

とはいえ、書籍によってはWeb広告に関する考え方や運用の進め方が異なりますので、購入前にはレビューなども参考に判断してください。

以上、Web広告の独学方法について4つほどご紹介しました。

忙しい方でも参加しやすいセミナーや、隙間時間で効率よく学習をすすめられる無料教材、体系的に学べる書籍、スピーディーに専門知識を習得できるWeb広告スクールなど、ぜひご自身の考え方、ライフスタイルに合った独学方法を見つけてください。

>>Web広告のおすすめ書籍は以下の記事からどうぞ

コンテンツマーケティングの独学方法について

次にコンテンツマーケティングの独学方法についてご紹介いたします。

結論なのですが、効率の良い学習をすすめるには、実際に動画でもブログでも良いのでコンテンツを作って運用してみることが一番です。

実際にコンテンツを投下し、検索順位、PV数、CTR、CVRなど各指標の分析を行えば、コンテンツの課題が見えてきます。

そして、その課題に仮説を立てて検証・改善することで、数値として実績に残りますよね。その実績がスキルの証明にもなりますし、転職やインハウス運用時にも役立つこと間違いなしです。

Webサイトを作り実際に運用してみる

コンテンツマーケティングは実践で学ぶことが一番なので、まずはコンテンツを投下するプラットホームを作りましょう。

ブログ記事というコンテンツを投下したいなら、Webサイト。動画を公開したいなら、動画のアカウントがプラットフォームにあたります。

今回は、ブログ記事を投下する前提で話を進めますが、その場合にはWebサイトが必要ですね。

Webサイトの開設と聞くと「初心者だと難しい」と感じるかもしれませんがそんなことはありません。

現在は、WordPressなどのブログサイトを誰でも気軽にスタートできる仕組み(CMS)があります。

以下の手順を踏めば1時間ほどでWebサイトを開設できるので、ぜひ「WordPress ブログ 始め方」等で検索してみてください。

<WordPressサイトの開設手順>

  1. ドメインの取得
  2. サーバーレンタル
  3. ドメインとサーバーの紐付け
  4. WordPressのインストール
  5. WordPressテーマの導入

WordPressサイトの具体的な開設手順については、本記事ですと長くなってしまうので割愛いたしますが、検索から簡単に有益なサイトへ辿りつけます。

分からないことは書籍で学ぶ

無事にWordPressでブログやWebサイトを開設できたら、次は実際に記事(コンテンツ)を投下してみましょう。

おそらく記事を投下する過程で「見出しはどうつければ良いの?」「何文字ほど書けば良いの?」「分かりやすい文章の書き方がわからない」など疑問点がたくさん浮かぶと思います。

そういった場合には、これまで同様に検索エンジンでリサーチしつつ、体系的に疑問点を解消できる書籍学習がおすすめです。

コンテンツマーケティング初心者がつまずきやすいポイントを網羅した以下の「沈黙のWebライティング」は特におすすめなので、ぜひ参考にしてください。

ブログやオウンドメディアの設計、キーワード選定の方法などSEOライティングでは欠かせない知識をストーリー形式で学べます。

100記事執筆し検索順位を確認

さきほどご紹介した書籍も参考にしつつ、SEOや記事の書き方について学べたら、次は100記事まで記事を投下してみましょう。

理由としては、Webサイトの開設当初は、ある程度記事を投下しなければ検索エンジンに反映されません。

また、アクセスした記事の傾向やユーザーの属性などを分析するためにも、100記事前後の記事が必要になります。

少ない記事数では、正確なデータを収集できないため、まずは100記事までがむしゃらに書いていきましょう。

そして、100記事投下後に検索順位も含めてデータを収集してみてください。

Googleアナリティクスでアクセス解析をする

100記事まで記事を投下できたら、次はGoogleアナリティクスと呼ばれるアクセス解析ツールを利用して、よく読まれている記事やユーザーの年齢、性別、PV数などを把握しましょう。

また、ユーザーがあなたのサイトに流入した経路、最初に表示されるランディングページを参考にすることで、今後どういったキーワードでコンテンツを投下すれば良いのかヒントにつながります。

そのヒントをもとに新規記事の追加や、投下した記事の見直し(リライト)を行いましょう。

なお、基本的なGoogleアナリティクスの使い方については、以下の記事を参考にしてください。

今回作成する「web マーケティング 本」まとめ記事へも内部リンク。(アイキャッチ付き)

現場で使えるWeb広告のスキル習得なら超実践的「デジプロ」へ

今回は、転職やインハウス運用でもスキルを活かせる「Web広告」と「コンテンツマーケティング」の独学方法についてご紹介いたしました。

ぜひ本記事を参考に効率の良い独学をすすめていただければと思います。

また、転職やインハウス運用において即戦力として実務で活かせるスキルを身につけるなら弊社が開講している超実践的なWeb広告特化型スクール「デジプロ」もおすすめです。

Web広告で現在主流である「リスティング広告」、「Google広告」、「Yahoo広告」、「Facebook広告」、「Twitter広告」、「Instagram広告」、「ディスプレイ広告」など全てのプロダクトを網羅

オンライン・オフライン問わず受講でき、あなたに合わせたオーダーメイドカリキュラムを採用しています。

また、サイバーエージェントでMVPを受賞した人、アイレップで教育担当をしていた人、GMOグループで年間運用費20億円の実績者など、業界最前線で活躍しているWebマーケターが講師だから実践的なスキルが身につきます。

Web広告の基礎はもちろん、実務に即したワークフローで実践形式の広告運用まで学べます。

初心者がつまずきやすいポイントも徹底的に拾い上げるから、疑問点が放置されることはなく、受講期間中はいつでもチャットで質問可能。

Web広告の実践的スキルを身につけたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「業界未経験からWebマーケティングの勉強に役立つ無料サイト5選!」