Google 広告におけるテキスト広告文(見出し・説明文)の作成方法!

デスクワーク

Google 広告の出稿担当者の中には、以下のような悩みを抱えている方もいるでしょう。

自社でGoogle 広告の出稿をしているが、担当者の知識が乏しくクリック率やコンバージョンなど思うような成果が得られていない。

Google 広告におけるテキスト広告文(見出し・説明文)の作成方法を理解したい。

これからGoogle 広告におけるテキスト広告文を出稿しようと考えている人の中には、「どこから手をつければいいのか分からない」という方もいるでしょう。

そこで今回は、Google 広告の種類や導入するメリット・デメリットについて解説していきます。

また、記事の後半では、Google 広告のテキスト広告の構成要素や種類・作成方法についても解説。

Google 広告運用で即戦力のスキル習得をしたい方に、おすすめのWebマーケティングスクール「デジプロ」も紹介しています。

本記事をご覧いただければ、Google 広告におけるテキスト広告文について理解を深められるので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

目次

Google 広告とは?

「Google 広告」は、Googleの検索エンジンやGoogle Play・YouTubeなどのサイトに広告を掲載できるオンライン広告を指します。

Google 広告を活用することで、自社のサービスに興味を持っている潜在顧客を自社のWebサイトへ誘導できたり、サイト内でのコンバージョン率を向上したりすることが可能です。

また、特定の地域に限定して広告を出したり、広告を配信した結果を測定したりもできます。

Google 広告は主に3種類あり、以下の通り。

  1. 検索連動型広告(リスティング広告)
  2. ディスプレイ広告
  3. 動画広告(YouTube)

1つずつ順番に解説していきますので、Google 広告の種類について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

検索連動型広告(リスティング広告)

検索連動型広告は、広告主が設定したキーワードでユーザーが検索すると、検索結果に連動して表示される広告で、料金さえ支払えば、比較的スムーズに検索結果の上部に広告を表示できます。

例えば「メンズ 美容液 おすすめ」などと入力したユーザーに対して、メンズ美容液の広告を配信するなど、ニーズが顕在化したターゲットに有効です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Googleと提携するWebサイトやアプリに配信される広告で、低単価でありながら多くのユーザーに商品やサービスを訴求可能です。

ニーズが顕在化したユーザーに最適な、検索連動型広告に対して、ディスプレイ広告はまだ顕在化していない潜在ユーザーにおすすめの配信方法になります。

動画広告(YouTube)

動画広告は、「YouTube」に掲載できる広告で、主な形式としては以下が挙げられます。

  • True Viewインストリーム:動画の再生前、途中、再生後に表示される広告
  • True Viewディスカバリー広告:関連動画欄や検索結果に広告文とサムネイルが表示される広告
  • バンパー広告:6秒間、スキップができない広告
  • オーバーレイ広告:パソコンで動画を再生すると、画面の下部にバナーが表示される広告

動画広告には、「テキストでは伝えられない情報を伝えられる」メリットがあるので、商品やサービスの認知・ブランディング向上を目的とする場合におすすめです。

Google 広告導入のメリット

Google 広告を導入するメリットは3つあり、以下の通りです。

  1. 広告内容に適したターゲティングができる
  2. 予算に応じて広告費用を設定しやすい
  3. 広告効果をデータとして可視化できる

1つずつ順番に解説していきますので、Google 広告を導入するメリットを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

広告内容に適したターゲティングができる

Google 広告では、年齢・性別・居住地域などのユーザー属性に加え、過去の検索履歴に応じて購入意欲の高いユーザーへの配信が可能なため、広告効果を高められます。

また、商品やサービスに関するキーワードを設定することで、成果を得るために幅広い機能を活用可能です。

予算に応じて広告費用を設定しやすい

Google 広告には、以下2つの課金形式があります。

  1. クリック課金:ユーザーが広告をクリックするごとに費用が発生する課金形式
  2. インプレッション課金:広告がWeb上に表示されるごとに費用が発生する課金形式

以上のことから、あらかじめ設定した入札額(自社の予算)に応じて広告が配信されるため、Google 広告を初めて使う方でも安心です。

広告効果をデータとして可視化できる

広告の表示回数やクリック数・コンバージョン率など、Google 広告では広告効果をデータとして可視化できます。

数値目標に達したかを判断したり、グラフ化したデータをスプレッドシートに出力して情報共有したりすることも可能です。

Google 広告導入のデメリット

Google 広告を導入するデメリットは、2つあり以下の通りです。

  1. 参入ハードルが低いため、競合が多い
  2. ユーザーにマイナスイメージを与える可能性がある

それぞれ順番に解説していきますので、Google 広告導入のデメリットが知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

参入ハードルが低いため、競合が多い

Google 広告は誰でも簡単に始められるため、参入ハードルが低い一方で、競合他社が多くなってしまいます。

そのため、入札価格によって露出機会が決定する検索連動型広告の場合、人気のキーワードの入札額が高くなる傾向があり、高額な予算を準備しなければならなくなります。

また、キーワード選定や入札金額のバランス・広告の表現内容など、広告運用スキルがある人材が必要です。

ユーザーにマイナスイメージを与える可能性がある

動画広告の場合、ユーザーがYouTubeで視聴しようとした動画の冒頭や、途中で広告が表示されてしまいます。

その結果、広告主に対してユーザーにマイナスイメージを与えてしまい、広告効果を十分に発揮できなくなってしまうことも考えられます。

そのため、ユーザーに配慮した広告設定を行うことが大切です。

Google 広告のテキスト広告の構成要素

ノートパソコン

Google 広告のテキスト広告は、以下の要素により構成されています。

  • 広告見出し
  • 説明文
  • 表示URL
  • パス(表示URLのディレクトリ)

1つずつ順番に解説していきますので、Google 広告のテキスト広告の構成要素について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

広告見出し

「広告見出し」とは、広告文の一番上に青文字で表示されるテキストのことを指し、最も目立つ構成要素になります。

広告見出しは、商品やサービスの宣伝を30文字(全角15文字)まで入力でき、ユーザーがGoogle検索で入力する可能性が高い語句を含めると効果的です。

説明文

「説明文」は、広告見出し・広告URLの下に表示されるテキストで、ユーザーに商品やサービスの詳細を伝えられます。

「今すぐ購入」や「料金を確認」など、ユーザーに期待する行動を促す言葉を含めると効果的です。

半角90文字、全角45文字で訴求することが可能。

表示URL

「表示URL」とは、広告主のWebサイトのURLのことを指し、最終ページURLのドメインと後述する「パス」項目に入力されるテキストで構成されています。

表示URLは、ユーザーが広告をクリックした際に表示されるページが「どのようなページなのか?」を、あらかじめ知らせることが可能です。

パス(表示URLのディレクトリ)

「パス(表示URLのディレクトリ)」は、表示URLの一部であり、通常は広告見出しの下、説明文の上に緑色で表示されます。

ユーザーが広告をクリックした際に表示されるWebサイトの場所を示すため、宣伝する商品やサービスを詳細に説明するようにしましょう。

Google 広告のテキスト広告の種類

Google 広告には、以下2種類が設定されています。

  1. 拡張テキスト広告
  2. レスポンシブ検索広告

それぞれ順番に解説していきますので、Google 広告のテキスト広告の種類について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

拡張テキスト広告

「拡張テキスト広告」とは、標準テキスト広告では、「広告見出し1つ・表示URL1つ・説明文2つ」しか表示できなかったところを「広告見出しを3つ・パスを2つ・説明文を2つ」に拡張したものです。

拡張テキスト広告を最大限に活用して、広告の掲載スペースを広くすることで、視認性が高くなり、クリック率の向上につながります。

ただし、2022年6月30日より、拡張テキスト広告の作成および編集が不可能になります。

そのため、後述する「レスポンシブ検索広告」を全ての広告グループに1つ以上、作成するのがおすすめです。

レスポンシブ検索広告

「レスポンシブ検索広告」とは、あらかじめ設定しておいた「広告見出し」と「説明文」をユーザーの検索語句と関連性の高い内容になるように、動的にGoogle側で組み合わせて表示される広告です。

レスポンシブ検索広告では、広告見出しが最小3つ〜最大15つまで設定可能で、説明文も最小2つ〜最大4つまで設定できます。

ユーザーが使用しているデバイスに合わせて、表示する文字数を自動で調整してくれたり、複数の広告見出しと説明文から、検索語句と関連性が高まるように最適な組み合わせで広告を表示してくれたりします。

Google 広告におけるテキスト広告文(見出し・説明文)の作成方法!

デスクワーク

Google 広告におけるテキスト広告文(見出し・説明文)は、以下の手順で作成できます。

  1. 広告ポリシーを厳守する
  2. 見出しには検索キーワードを挿入すること
  3. 特典や期間限定と行ったアクションにつながるワードを意識する
  4. ランディングページとの親和性を意識する
  5. 公式表記を入れて信頼性をアピールする
  6. 広告表示オプションを設定する
  7. Google 広告で使用可能な記号を確認する
  8. 競合他社の広告を分析する

1つずつ順番に解説していきますので、Google 広告におけるテキスト広告文の作成方法が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

広告ポリシーを厳守する

Google 広告を初めて作る際には、Googleが規定している広告ポリシーを厳守しましょう。

なぜなら、広告文で訴求できない表現(薬機法や景表法に抵触する表現)を含む場合、掲載審査を通過できず広告配信ができなくなってしまうからです。

具体例としては、以下の通り。

  • 薬機法抵触:「肌が若くなる」「ガンが治る」「飲むだけで痩せる」など
  • 景表法抵触:「No.1」「世界一」「日本一」「最安値」「口コミ1位」など

以上のことから、広告ポリシーを厳守して、テキスト広告文を作るようにしてください。

見出しには検索キーワードを挿入すること

広告見出しには、ユーザーから直感的にクリックしてもらえるように検索キーワードを入れるようにしましょう。

また、検索キーワードを挿入することで、広告との整合性が増して「広告ランク」が高まったり、クリック単価を下げる効果にも期待できたりします。

ただし、漢字ばかりだと固い印象を与えてしまい、ひらがな・カタカナばかりだと読みにくくなってしまうので、検索キーワードを軸にして、バランスを考えながら読みやすい広告見出しを作りましょう。

特典や期間限定と行ったアクションにつながるワードを意識する

「Web予約特典あり」「期間限定!」など、新規顧客を獲得したい場合は、特典や期間限定を訴求するようにしましょう。

その結果、クリック率が1.96%増加、コンバージョン率が0.87%増加した事例もあります。

ランディングページとの親和性を意識する

ランディングページ(LP)との親和性を意識していないと、せっかくユーザーが広告をクリックしてくれたにも関わらず、ユーザーのニーズと一致しない場合、すぐに離脱される恐れがあります。

そのため、広告文とランディングページとの親和性を意識した広告文を作成するようにしましょう。

公式表記を入れて信頼性をアピールする

広告見出しに「公式」表記を入れることで、信頼性をアピールできます。

また、公式を訴求する際には、「【】」や「<>」などを使うことで、より強調してユーザーに伝えることが可能です。

多くのユーザーから認知されているような商品やサービスであれば「公式」と記載することで、信頼性が高まります。

広告表示オプションを設定する

「広告表示オプション」とは、広告文の下に追加のテキストや通話ボタン・住所情報・Webサイトなどの情報を表示させられる機能です。

広告表示オプションを活用することで、広告見出しや説明文だけでは伝えきれない情報を表示できるため、ユーザーに商品やサービスを選んでもらいやすくなります。

Google 広告で使用可能な記号を確認する

前述しましたが、「【】」や「<>」などを使うことで、より強調してユーザーに伝えることが可能です。

Google広告では、「「」」「『』」「[]」「<>」「《》」「【】」などが使えます。

ただし、過剰に感嘆符(「!」「?」など)や記号を使用すると、審査に抵触する恐れがあるため、むやみに使わないようにしましょう。

競合他社の広告を分析する

広告の掲載順位にもよりますが、ユーザーは自社の広告の上下に位置する競合他社の広告も視認します。

そのため、「商品やサービスで負けていないか」「価格で負けていないか」など、競合他社と差別化を図れるように広告を分析するようにしましょう。

一方で、「競合他社から自社の広告文も見られている」という意識を持つとよいです。

なぜなら、新しい広告文を配信した後に、「訴求内容を明らかに上回った」広告が配信される場合もあるからです。

Google 広告運用で即戦力のスキル習得なら「デジプロ」

デジプロ

Google 広告運用で即戦力のスキルを習得したいなら、「デジプロ」がおすすめです。

デジプロは、現役で活躍するWebマーケターから、実務で使える即戦力のスキルを学べるスクールです。

直接講義の形式で学べて、講師に質問し放題なため、知識やスキルが感覚的に身に付きやすいのが魅力だと言えます。

デジプロの特徴は、以下の通りです。

  • Web広告の基礎知識から即戦力スキルまで習得可能
  • 現役トップマーケターが業界最前線のスキルを伝授
  • Google 広告をはじめWeb広告プロダクトを網羅
  • 全国11ヵ所で通学授業にも対応(順次拡大中)

また、書類添削や面接対策・求人紹介などの手厚い転職サポートも受けられ、卒業した後でも、「動画コンテンツが見放題」や「オンライン相談60分」のようなサポートが受けられるサポートプランもあります。

Web広告の基礎知識から即戦力スキルまで習得可能

リスティング広告やSNS広告の運用・データ分析に至るまで、Web広告の基礎知識から即戦力スキルを幅広く身につけられるのがデジプロの魅力です。

広告運用を実際に体験できたり、すぐに仕事で使えるスキルを学べたりできるのも魅力の一つ。

また、広告の出稿・配信に必要な基礎スキルに加え、広告効果の測定や改善方法まで学べる点もメリットです。

カリキュラムが終わる頃には、実践的なWeb広告の知識と経験を兼ね備えた「即戦力」の人材になっているでしょう。

現役トップマーケターが業界最前線のスキルを伝授

デジプロの講師陣は、現役でWebマーケティング業務を行っているトップマーケターばかりです。

GMOグループで年間運用費20億円の実績者や、サイバーエージェントにてMVPを複数回受賞したコンサルタントなどが、講師として指導します。

そのため、Web広告が未経験の方でも、疑問点があれば質問をすることで、すぐに解消できます。

また、業界の最前線で、活躍しているマーケターだからこそ知っている実践スキルもお伝えできますよ。

Google 広告をはじめWeb広告プロダクトを網羅

デジプロでは、Google 広告をはじめWeb広告プロダクトを網羅しています。

例えば、以下のようなものを学べます。

  • リスティング 広告
  • Google広告
  • Yahoo!広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • ディスプレイ広告
  • データ分析
  • Excel
  • 動画広告 など

各広告出稿に必要な基礎知識から管理画面の利用方法まで、動画教材や講義を通して実践的に学べるのもメリットです。

全国11ヵ所で通学授業にも対応(順次拡大中)

デジプロは、日本全国11ヵ所に教室を構えています。

  • 東京(渋谷)
  • 大阪
  • 福岡
  • 千葉(津田沼)
  • 神戸
  • 大宮
  • 横浜
  • 広島
  • 名古屋
  • 北海道
  • 仙台

関東や関西を中心に教室を構えており、今後も順次拡大していく予定です。

そのため、Google 広告について詳しく学びたいという方は、受講を検討してみてはいかがでしょうか。

また、デジプロでは「無料オンライン説明会」も行っているので、上記の地域に住んでいる方もそうでない方も、ぜひ一度、気軽に参加してみてください。

関連記事はこちら

>>Google広告のマッチタイプとは?種類や仕様変更への対策も解説

>>どのように広告料は決まる?Google広告の料金相場や算出方法を解説