Web広告(インターネット広告)の種類、メリット、成功への戦略を解説

Web広告には様々な種類が存在し、それぞれに適した運用方法が存在します。Web広告にはそれぞれに独自の特徴があるので、自社の環境や目的に合わせて活用していく必要があります。ここでは、Web広告の基本から、そのメリット、種類、選び方、そして効果的な運用方法に至るまで、幅広く解説していきます。

  • はじめに
  • Web広告とは
  • Web広告のメリット

はじめに

スマートフォンが普及しインターネットが普及している現代において、インターネットは私たちの生活に欠かせないものになっています。

生活にインターネットが入り込んでいるのでビジネスにおいても、インターネットをどう活用するのかがビジネスの成功への鍵を握る重要な要素です。その中心にあるのが「Web広告(インターネット広告)」です。Web広告は、オンラインでのビジネス展開を加速させるだけでなく、ブランド認知度の向上、顧客との直接的なコミュニケーション、そして売上の増加に直結する便利は手法です。

しかし、Web広告には様々な種類が存在し、それぞれに適した運用方法が存在します。Web広告にはそれぞれに独自の特徴があるので、自社の環境や目的に合わせて活用していく必要があります。

ここでは、Web広告の基本から、そのメリット、種類、選び方、そして効果的な運用方法に至るまで、幅広く解説していきます。

Web広告に興味のある初学者であれ、起業家であれ、マーケティング担当者であれこのページが提供する知識と洞察がビジネスやプロジェクトに新たな価値をもたらし、Web広告の可能性を最大限に引き出す助けとなることを願っています。

Web広告とは

Web広告とは、インターネットを利用して行われる広告の総称であり、オンライン上での製品やサービスのプロモーションを指します。ウェブサイト、SNS、検索エンジン、アプリなど、デジタル環境内の様々なチャネルを通じて展開されます。例えば、Google検索の検索結果、Instagramのストーリーなどが広告が配信される場所になります。
テキスト、画像、動画など様々な広告形式で、ユーザーにアプローチすることができます。

重要性

これまではお店でしか買えなかった商品がインターネットで買い物できたり、動画の視聴がテレビからYouTubeやTverに移行したりなどデジタル化の進展に伴い、消費者がどのメディアに時間を消費しているのかが大きく変化しました。
多くの人々がインターネットを日常的に利用するようになった今、Web広告は企業が狙っている顧客にリーチするための非常に効果的な手段の一つとなっています。テレビ広告やラジオ広告などの伝統的な広告メディアと比べて、Web広告は効率的により広い範囲のオーディエンスにリーチすることができ、どういう人に配信するかという精度が高いです。また効果測定も可能なので、マーケティング戦略において欠かせない役割を果たしています。

ビジネスにおける役割

事業の成長においてWeb広告には多くのメリットがあります。
ブランド認知度の向上、リードの獲得、売上の増加など、様々なマーケティング目標を達成するために有効な手法です。
また、リアルタイムにデータを分析することができ、広告のパフォーマンスを即座に評価し、改善していくことが可能です。このように、Web広告はすぐに配信結果が分かり改善の施策も迅速に実行しやいので、ビジネス成長には欠かせない手法になっています。

消費者のあらゆる行動がデジタル化している昨今において、Web広告は現代のマーケティング戦略において不可欠な要素です。
企業がデジタルプ上で競争力を保ち、成長を続けるためには、効果的なWeb広告戦略が鍵となります。

Web広告のメリット

Web広告は現代のデジタルマーケティング戦略において中核をなす要素であり、以下では、Web広告の主な利点を詳細に解説していきます。

1. 広範なリーチ

インターネットの普及により各世代でのデジタルメディアへの接触時間が増えているので(後述の図ご参考)、幅広いオーディエンスにリーチすることが可能です。
これまで幅広いオーディエンスに広告を配信するとなるとテレビCMをするしかありませんでしたが、Web広告であればテレビCMのように数千万円といった大金を払わなくても多くのオーディエンスにリーチすることができます。

またWeb広告は地理的な制限を受けることなく広告配信できるので、地理的にも幅広いターゲットに配信することができます。

更にGoogle 広告やMeta広告などは日本以外の国にも配信することができるので、小規模なローカルビジネスから大企業まで、海外に住んでいる人向けにも自分のサービスを宣伝することも可能です。

年代別の1日あたりのメディア接触時間

『メディア定点調査2022』
(株式会社博報堂、2023年)のデータを元にデジプロ編集部が作成

2. ターゲティングの精度

Web広告の最大のメリットの一つは、デモグラフィックデータ、興味・関心、行動パターンなどに基づいて、特定のオーディエンスに対して非常に正確に広告配信できることです。

例えば、夏休みに旅行に行くか検討している学生に学生用ツアーの広告を配信したり、東京都に住んでいて読書に興味のある20代の男女に広告を配信したりなど自社の商材・サービスに合わせて特定の顧客層にリーチすることが可能です。

3. コスト効率

新聞や看板などの従来の広告メディアと比較して、Web広告は費用対効果が高いという大きな利点があります。
Web広告で広告費が発生するタイミングは、広告がクリックされた時に広告費が発生するクリック課金か、広告が表示された時に広告費が発生するインプレッション課金が多いです。
クリック数や表示回数などに応じて広告費が代わるので、予算を効率的に使用でき、中小企業には魅力的です。

4. 測定可能性と最適化

Web広告の別の重要なメリットの1つは、その効果を測定し、リアルタイムでキャンペーンを最適化できることです。
いくら広告費をかけて、サイトにどれぐらい流入したのか、どれぐらい購入に繋がったのか、いくら売上が増えたのかなどがリアルタイムで分かります。
またその結果を踏まえて、継続すべきこと、改善すべきことが分かるので、改善すべき箇所はすぐに対策を打っていきます。

テレビCMは広告の枠を購入すると、効果が悪いから急に広告を停止するなど柔軟な調整ができません。Web広告は1週間配信して結果が良くなかったので、一度停止して広告クリエイティブを変更して再開するなども可能です。

高速でPDCAを回せるのがWeb広告の特徴なので、どんどんPDCAを回していく必要があります。

これらのメリットを通じて、Web広告はビジネスの成長と成功を促進する強力なツールとなり得ます。正しく戦略を立て、実行することで、あらゆる規模の企業が市場での競争力を高め、目標達成に向けて大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。

Web広告の種類

Web広告には様々な形式が存在し、それぞれが異なる目的とターゲットオーディエンスに対応しています。ここでは、最も一般的なWeb広告の種類を紹介し、それぞれの特徴と利用シーンについて解説します。

配信面別

配信面で分けると、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告の3つに分けることができます。

インターネット広告の種類

1. リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやBingなどの検索エンジンの検索結果ページに表示されるテキストベースの広告です。キーワードに基づいてターゲティングされ、ユーザーが特定の検索語を入力した際に関連性の高い広告を表示します。即時性が高く、購買意欲のあるユーザーにリーチしやすいです。

インターネット広告の中でも一番出稿金額が多いのがリスティング広告です。他の広告と比べて効果が合いやすいので、多くの企業が一番投資をしています。なぜ効果が合いやすいのかというと、検索行動と連動する広告のため、ニーズが顕在化しているタイミングでリーチできるので、他の広告と比べて効果が合いやすく出稿金額が多い広告になっています。

リスティング広告

2. ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、画像や動画を使用した視覚的な広告で、ウェブサイトやアプリの様々な場所に配置されます。ブランド認知度の向上や新製品の紹介に効果的で、具体的なビジュアルを通じてユーザーに訴求することができます。

ディスプレイ広告

3. SNS広告

Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォーム上で展開される広告です。静止画や動画など多様な形式があり、それぞれのSNSプラットフォーム特有のターゲティンぐを利用して特定のユーザーグループにアプローチできます。

SNS広告

ニーズの深さ別

Web広告の種類によってリーチできるユーザー層が変わるので、それぞれで使い方が異なります。

潜在層とは「商品やサービスを認知していない、又は自分自身で課題が明確になっていない層」のことで、ディスプレイ広告やSNS広告が有効です。検索キーワードによってはリスティング広告でもリーチ可能ですが、ディスプレイ広告やSNS広告の方が有効です。

検討層とは「悩みはあるけど、解決するための商品やサービスは明確になっていない層」のことで、こちらもディスプレイ広告やSNS広告が有効です。広告媒体のターゲティングの機能を活用することで、顧客になりやすい人に対してリーチ可能です。

顕在層とは「欲しい商品・サービス、又は解決したい課題が明確になっている層」のことで、検索行動に移っていることが多いのでリスティング広告が一番有効です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

Web広告の選び方

適切なWeb広告を選択することは、デジタルマーケティング戦略の成功において極めて重要です。
しかし、多様な広告形式と目まぐるしく変化するオンライン環境を考えると、どの広告がビジネスに最適かを判断するのは容易ではありません。以下では、効果的なWeb広告選択のためのステップを紹介します。

1. 目標の明確化

まず、広告を通じて達成したい具体的な目標を明確に設定します。
ブランド認知度の向上、リード獲得、オンラインでの販売促進など目標に応じて適切な広告が異なるので、Web広告を実施する理由や目標を明確にしておく必要があります。

例えば、渋谷でパーソナルジムをオープンするにあたり、渋谷に住んでいる人や渋谷で働いている人に向けてオープン記念キャンペーンのWeb広告を配信して、無料体験を50人獲得し、その内10人を成約に繋げたい。などこのように目標を明確にしておきます。

2. ターゲットオーディエンスの特定

効果的な広告キャンペーンのためには、誰にメッセージを伝えたいのかを予め決めておくことが必須です。
ターゲットオーディエンスの年齢、性別、興味・関心、オンラインでの行動パターンなどを分析し、それに基づいて広告をカスタマイズします。

3. 予算の計画

Web広告の種類によって予算の必要性は大きく異なります。利用可能な予算を考慮し、コスト効率の良いWeb広告媒体を選択します。

効果が合えば予算に関係なくどんどん投資したいという方が多いと思いますが、初めてWeb広告を出稿する方にとってどれぐらいの費用対効果になるのかが予測しづらいです。

そのため、初期段階では少額から始めてWeb広告のパフォーマンスをテストしていくことをオススメします。

4. Web広告媒体の選択

目標、予算、ペルソナ、自社の商材の特徴、競合環境を踏まえた上で、最適なWeb広告媒体を選択します。

例えば、30代のOL向けにオフィスカジュアルの服をECで販売している企業であれば、Instagram広告が有効です。ネット証券会社であれば、証券口座を比較検討している人に対してリスティング広告が有効です。

Web広告の運用方法

Web広告のほとんどは運用型広告と呼ばれる広告タイプです。単に適切なWeb広告の媒体を選択するだけではなく、配信開始した後の運用方法の方が大事です。以下では、Web広告を効果的に運用するための重要なステップを紹介します。

1. キャンペーン目標の設定

運用を始める前に、キャンペーンごとに具体的な目標を設定します。
これには、リードの獲得数、ウェブサイトへのトラフィックの増加、サイトの売上金額の向上などが含まれます。目標を決める時はSMART(特定できる、測定可能、達成可能、関連性があり、時間の制約がある)であることを意識しましょう。

2. レポートの作成

Web広告のメリットでも挙げたように広告効果をすぐに可視化できるのがWeb広告の特徴であり、あらゆる指標がリアルタイムで分かります。
前日の結果を毎日振り返れるようにエクセルやスプレッドシートでレポートを作成しましょう。

また管理画面上でも数値を確認することできるので、特に注力しているイベントがある時期(例えば、大型のSALEなど)や繁忙期で予算を大幅に増やしている日などは細かく確認することをオススメします。

3. パフォーマンスの確認

設定した予算を毎日管理することが重要です。運用型広告はテレビCMと違って広告費が変動するので、Web広告を配信しすぎたり、逆に全然配信できていなかったという失敗を防ぐためにも事前に設定した予算通りに進捗しているのかチェックしましょう。

予算だけではなく、クリック数やコンバージョンなども合わせて確認して、想定していた広告の効果が得られているのかを作成したレポートを使って確認しましょう。

4. 成果の測定と分析

Web広告のパフォーマンスを計測し、その結果を分析することで、何がうまくいっているのか、何が改善が必要なのかを洗い出します。
各Web広告プラットフォームのデータだけではなくGoogle Analyticsも使用して、Web広告のパフォーマンスを計測して、必要に応じて調整していきます。

5. 広告コンテンツの最適化

Web広告は施策をどんどん実行できるのも特徴なので、広告の掲載内容のPDCAを回すこともその内の1つです。
ターゲット顧客に対して魅力的で関連性の高い広告コンテンツを作成し、定期的に改善していくことで、ユーザーの関心を維持し、エンゲージメントを高めることができます。

A/Bテストによる検証を通して、最も効果的な広告のテキスト、画像、CTAなどを見つけていきましょう。

6. 継続的な学習と適応

デジタルマーケティングの環境は常に変化しています。
新しいトレンド、テクノロジー、ベストプラクティスに注意を払い情報収集していく必要があります。過去に上手くいった施策も時間が経過すると効果が落ちてくることもあるので、戦略・戦術・施策を継続的に更新し、適応させていことが重要です。

Web広告は配信するまでは簡単に配信することができます。但し、Web広告の運用は計画的かつ戦略的なアプローチが求められる複雑な手法です。
上記のステップを実施することで、ビジネスの目標達成に向けた効果的なWeb広告キャンペーンを実現できるでしょう。

Web広告についてもっと学習したい方はデジプロの無料説明会にご参加ください。
デジプロは業界No.1のWebマーケティングスクールで、多くの卒業生を排出しております。
無料オンライン説明会に申し込む

TOPへ戻る