Meta広告ライブラリ: 利用ガイドと市場調査への応用

  • Meta広告ライブラリとは
  • Meta広告ライブラリの使い方
  • Meta広告で広告を検索する際のコツ
  • Meta広告を活用した分析方法
  • まとめ

「Meta広告ライブラリ: 利用ガイドと市場調査への応用」

Meta広告はFacebookやInstagramに広告を配信でき、デジタルマーケティングにおいて欠かせない手法になっています。
Meta広告を出稿するにあたりバナーを制作する必要がありますが、バナーを制作する際に活用するべきツールが「Meta広告ライブラリ」というツールです。Meta社が提供しているMeta広告ライブラリでは、他の企業が出稿している広告を見ることができます。
本記事では、Meta広告ライブラリの使い方、他社の広告の調査方法、自社の広告への活用方法など具体的な利用方法について詳しく解説します。

Meta広告ライブラリとは

Meta広告ライブラリは、Meta社が提供しているツールで、Facebook・InstagramなどMeta広告で配信されている情報を集約した公開データベースです。ユーザーは、このライブラリを通じて、様々な広告主が配信している広告の情報にアクセスすることが可能で、検索条件を指定して特定の広告を見つけ出すこともできます。

これからFacebookやInstagramで広告出稿を予定している人はどのようなクリエイティブを配信するかを検討する際の参考にでき、既に配信中の人でもクリエイティブの改善に活用することのできるツールになっています。

また、Meta広告ライブラリが生まれた背景は不適切な広告を配信させないように広告の透明性を持たせるためです。どの企業(厳密にはどのFacebooページ)がどのような広告を配信しているのかをMeta広告ライブラリで公開して、広告の透明性を維持しています。

Meta広告の公式ヘルプ:Meta広告ライブラリとは何ですか。検索するにはどうすればよいですか。

Meta広告ライブラリの使い方

基本操作

1.Meta広告ライブラリにアクセスする。

Meta広告ライブラリの操作方法

2.国で「日本」を選択する。海外の配信を確認したい場合は該当の国を選択してください。

Meta広告ライブラリの操作方法2
3.カテゴリで「すべての広告」を選択する。

Meta広告ライブラリの操作方法3

4.検索窓で検索したいキーワードを入力する。

特定の企業やサービスの広告を見たい場合は、広告主の名前やFacebookページを入力して出てきた候補を選択すると、その広告主・Facebookページが出稿している広告を閲覧することができます。

Meta広告ライブラリの操作方法4


Meta広告ライブラリの操作方法5

Meta広告で広告を検索する際のコツ

特定の商材で調査したい場合

仮にゴルフ道具の通販サイトを運営しており、ゴルフ関連の広告を調査したい時は「ゴルフ」と検索すると。ゴルフに関連する広告を確認することができます。

また検索にはマッチタイプがあるので、それぞれの違いを理解して目的にあった検索をしましょう。

検索方法 検索語句の数 検索の範囲
ゴルフ 単一 指定したテキストに関連した広告 「ゴルフ」で検索した場合、「ゴルフ」に関連した広告が表示される。
“ゴルフ” 単一                                                                                                                                                                                                                                                                           指定したテキストが含まれた広告 「”ゴルフ”」で検索した場合、「ゴルフ」が含まれる広告が表示される。
ゴルフ ウェア 黒 複数 指定したテキストに関連した広告 「ゴルフ」で検索した場合、「ゴルフ ウェア 黒」に関連した広告が表示される。
“ゴルフ” “ウェア” “ 黒” 複数                                                                                                                                                                                                                                                                           指定したテキストが含まれた広告 「”ゴルフ”」で検索した場合、「ゴルフ」「 ウェア」「 黒」が含まれる広告が表示される。

ベンチマークにしている企業の広告を検索したい場合

Meta広告はFacebookページに紐づいて広告出稿されるため、厳密にはFacebookページを探す必要があります。調査したい企業名を検索窓に入れると候補となるFacebookページが出てくるので、選択するとFacebookページに紐づく広告を見ることが可能です。

企業名で検索しても出てこない場合は検索方法を変えてみると出てくることがあります。

まずは企業名で検索し、出てこなければ英語名で検索してみる、それでも出てこない場合はサービス名の日本語と英語表記どちらでも検索してみるなどを試してみましょう。

Meta広告を活用した分析方法

Meta広告ライブラリは、広告の詳細な分析を可能にしており、他社の施策、広告費の傾向から市場の動向を予測することが可能です。また、異なる広告主や異なる業種の広告を比較分析することで、様々な角度で市場の傾向を把握することができます。

Meta広告ライブラリを使用した具体的な分析方法を解説します。

クリエイティブの調査

調査したい企業を検索することで、ベンチマークにしている企業がどのような訴求をしているのかが一覧で分かります。

重要なポイントは横展開されている訴求が何かを見つけることです。同じ訴求でデザインが異なるパターンや同じ訴求でキャッチコピーが異なるパターンがあれば、勝ちパターンの訴求・デザイン・キャッチコピーを読み解くことができます。

これらが読み解くことができれば、自社の特徴と掛け合わせてオリジナルのクリエイティブ開発をしましょう。

広告の配信面の調査

「プラットフォーム」の箇所に表示されているアイコンは広告がどこの配信面に配信設定されているのかが分かります。

下の画像の場合はFacebook、Instagram、メッセンジャーに配信されています。

Meta広告ライブラリの操作方法6

下のクリエイティブの場合はInstagramのみで配信されています。

Meta広告ライブラリの操作方法7

配信面が指定されているということは、クリエイティブや配信目的によって配信面を指定しているはずなので、裏側の背景を紐解くことで自社にも活用できる施策が見つかるかもしれません。

広告フォーマットの調査

他社がどのようなフォーマットを配信しているかを確認できます。

以下の場合は、静止画、動画、カルーセルのフォーマットが配信されていることが分かります。

Meta広告ライブラリの操作方法8

こちらも勝ちクリエイティブ調査と同様に、同じ訴求でフォーマット違いがあれば勝ち訴求である可能性が高いです。またフォーマット毎の活用法も分かるので、自社のクリエイティブの参考にすることもできます。

遷移先の調査

CTAボタンをクリックすると広告に設定されている遷移先を確認することが可能です。

どのようなクリエイティブで、どのような遷移先を設定しているのかを参考にすることができます。

Meta広告ライブラリの操作方法9

まとめ

Meta広告ライブラリは訴求・デザイン・キャッチコピーなどのアイデアを得ることができるので、クリエイティブを制作する際に非常に便利なツールです。

自社がベンチマークしている企業や関連するキーワードで検索してクリエイティブ制作に活かしてください。

TOPへ戻る