GA4 イベント設定

  • **イベントとは?**
  • **GA4でのイベントの種類**
  • GA4のイベント設定の仕方
  • GA4のイベントの確認方法

GA4のイベントトラッキングの基礎

Googleアナリティクス4(GA4)は、ウェブサイトやアプリのユーザー行動を理解するための強力なツールです。GA4では、イベントベースのデータモデルを採用しており、ユーザーが特定のアクションを実行した際にイベントとしてデータが収集されます。この記事では、GA4のイベントトラッキングの基礎について解説します。

イベントとは?

イベントとは、ユーザーがウェブサイトやアプリで実行する特定のアクションを指します。例えば、ページの閲覧、ボタンのクリック、フォームの送信などがイベントに該当します。GA4では、これらのユーザー行動を追跡し、分析することで、ウェブサイトやアプリの改善点を見つけ出すことができます。

GA4でのイベントの種類

GA4では大きく分けて、以下の4種類のイベントがあります。

中にはGA4がデフォルトで設定しているものや、項目によっては設定が必要なイベントもあるので、確認していきましょう。

  1. 自動収集イベント: GA4は、ページビュー、スクロール、検索などの基本的なイベントを自動的に収集します。特別な設定を行う必要はありません。
  2. 測定機能強化のイベント: GA4の設定画面から簡単に有効化できるイベントです。アウトバウンドクリックやサイト内検索など、より詳細なユーザー行動の追跡が可能になります。
  3. カスタムイベント: 特定のユーザーアクションを追跡したい場合、カスタムイベントを使用します。開発者は、特定のアクションや条件に合わせて、カスタムイベントを設計し、実装することができます。
  4. 推奨イベント:サイトに合わせて実装が必要なイベントだが、 Googleが決めた候補の中から計測したい内容に合ったイベント名を選んで実装できます。

まず計測したいデータが「自動収集の中にあるか」「測定機能の強化にあるか」を確認し、
ない場合は「推奨イベント」の中に合ったものがないか確認する、
どうしてもGoogleが決めたイベント名で目的に合わない場合のみ、カスタムイベントの利用を検討しましょう。

GA4のイベント設定の仕方

  • 測定機能強化のイベントの設定の仕方:P51〜52を参照

▶︎『管理』の『データの収集と修正』で、『データ ストリーム』をクリック

そして、拡張測定機能の設定をオンにして設定
イベントカスタム0

  • 推奨イベント・カスタムイベント設定の方法について

▶︎『管理』→『データ表示』→『イベント』→『イベントの作成』をクリック

 ↓GA4の管理画面の場合
イベントカスタム1

※「GA4の管理画面」、「Googleタグマネージャー(GTM)」も同じ方法で設定可能

  • 推奨イベント・カスタムイベント設定の方法について:P53〜58を参照

▶︎コンバージョンとして計測したいイベントを作成する

▶︎作成したイベントをコンバージョンとして登録する
イベントカスタム2

▶︎最後にコンバージョンとしてマークをつける

※コンバージョンとして計測しない場合は省略して問題なし
イベントカスタム3

▶︎測定IDはGD4のストリーム設定画面から確認可能

『管理』→『データの収集と修正』→『データストリーム』を選択
イベントカスタム4

▶︎設定が完了したら「リアルタイム」を選択して計測できているかを確認
イベントカスタム5

▶︎最後にコンバージョンとしてマークをつける ※再掲

※コンバージョンとして計測しない場合は省略して問題なし
イベントカスタム3

GA4のイベントの確認方法

  • イベントとパラメーターのGA4上で確認する方法:P60〜61を確認

『レポート』→『エンゲージメント』→『イベント』をクリック
イベントカスタム6

【!注意!】

「パラメータ」の情報は画面上には表示されない。

パラメータで計測した内容を確認するためには、『探索』レポートがを制作する必要がある。

TOPへ戻る