SEOのプロが選ぶ、本当に分かりやすいマーケティング初心者向け書籍

marketing-book

マーケティングの入門書にも様々な種類があります。SEO、WEB広告、分析、コンテンツマーケティング、ファンマーケティング…。これだけジャンルがある中で、知りたいことがピンポイントでわかる本を探すのは難しいですよね。そこで、SEOのプロでありWebマーケティングにも通じているWeb編集者に、分かりやすさ重視でマーケティング初心者向けの本を選書してもらいました。知りたい内容ごとにおすすめの本を紹介します。

マーケティングを分かりやすく知りたい

『大学4年間のマーケティング見るだけノート』

マーケティングを視覚的に学べる本です。マーケティングの手法や考え方を豊富なイラストと共に解説しています。文章よりもイラストが多く、知らない用語でも理解しやすい構成となっています。マーケティングの基本を短い時間で知りたい方におすすめです。

『沈黙のWebマーケティング』

Webマーケティングについて、物語を読み進めるだけで理解できる本です。物語の中で起こる問題を解決をしていくために必要な考え方を適宜解説しています。そのため、実際のケースを思い浮かべながらマーケティングの手法を学ぶことができます。用語の説明だけでは理解しづらい部分も、物語を楽しみながら理解を深めていくことができるでしょう。

マーケティングの考え方を身に着けたい

『売れるもマーケ 当たるもマーケ』

マーケティングの普遍的な考え方を22個の法則に分類して解説しています。法則には、一番手であることがベターよりも勝る「一番手の法則」、一番手になれない場合は一番手になれる新しいカテゴリーを作るべきと説く「カテゴリーの法則」などがあります。

それぞれの法則は、実在する世界の企業のケースが例として挙げられています。22個の法則の中で、気になる法則がひとつでもあれば読んでみることをオススメします。

『ドリルを売るには穴を売れ』

モノが売れる仕組みを理解することができる本です。人がモノを買う動機は「価値」があるからであり、何かを売ろうとするときも顧客にとっての価値を考えるべきであると説明しています。本書で解説している様々な切り口の「価値」から、自社製品やサービスを売るためのヒントを見つけられるのではないでしょうか。

『ジョブ理論』

ひとがモノを買うことを「片付けるべき仕事(ジョブ)のためにモノを雇用(ハイア)すること」と定義づけ、モノが消費者に買われる仕組みを解説している本です。本書の理論を実際の売り方に落とし込む方法を検討しながら読み進めるのがオススメです。

マーケティングのアイデアを出したい

『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』

マーケティングと分析思考を学べる本です。USJの業績をV字回復へ繋がった、数々の施策を紹介しています。ジェットコースターを後ろ向きに走らせるなど、顧客を呼び込むための企画をどのような想定でつくっていったのかを知ることができます。

SEO対策をしたい

『10年つかえるSEOの基本』

SEO対策を検討する前に、前提として身に着けておきたい知識を学べる本です。「なぜSEO対策が必要なのか」「検索エンジンは何をしようとしているのか」など、トレンドが変わっても不変な考え方をおさえることができます。内容は対話形式となっているため、とても読みやすいです。

顧客が離れないようにしたい

『ファンベース』

既存顧客に満足してもらうことの重要さを解説する本です。売り上げを伸ばし続けるためには、新規顧客の獲得で買ってもらう層を増やすだけでなく、既存顧客に長く支持されるための施策が重要であるとの考え方を解説しています。

実践でマーケティングの知識を定着させよう

わからないことがあるたびに書籍で勉強するのはとても効果的ですが、知識を定着させるためには実践を続けることがとても重要です。

▼参考:効果的なWebマーケティングの学習方法とは?

デジプロでは、マーケティングの初心者対象にノウハウを学べる動画コンテンツ「デジプロ」を提供しています。座学で学ぶだけでなく、Web広告運用を体験できるカリキュラムも整っています。もし途中でわからないことがあっても、現役マーケターが講師としてついているため質問しながら進めることができるので安心です。書籍で身に着けた知識を実践でも活用するために、「デジプロ」で一緒にWeb広告を学んでみませんか。