Webマーケティングの知識ゼロから2ヶ月で広告運用担当に!デジプロは未経験者の救世主です

異業種から転職をして、まったく経験のなかったマーケティング業務を担当することになった金田 諒介さん。

サービスのリリースまで、準備期間が2ヶ月間しかない状態から、Webマーケティングを学んで担当する必要があったそうです。はたして問題なく業務をこなすことはできたのでしょうか。

経験がないのにWebマーケティング担当に

–これまでのキャリアを簡単にご説明いただけますか?

大学卒業後に、不動産の営業や仲介の仕事を経験した後に、人事労務ソフトを販売している株式会社セルズに転職しました。営業担当として入社して、2020年の8月からはマーケティングも担当することになりました。

–現在のお仕事を教えてください。

給与に関するさまざまなシミュレートが可能な「最適給与クラウド」のマーケティングを担当しています。

これまで社労士の先生向けに提供していたので、イベントからの集客や口コミからの紹介がメインでした。新たに一般企業の人事向けに販売していくことになったので、広告を活用する必要がでてきました。

–これまでデジタルマーケティングを学んだ経験はありますか?

『いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本』っていうのを読んだくらいで、しっかり学んだ経験はありません。

–経験がないのに、新しいサービスのWebマーケティングを担当することになったんですか?

ほかに適任者がいなかったので、自分が担当することになりました。8月にサービスのリリースが決まっており、準備期間が約2ヶ月くらいしかありませんでした。

そこから急いで、マーケティングが学べるスクールを探して、デジプロを見つけました。

スクールの決め手は運用ですぐに使えること

–デジプロをどうやって知りましたか?

具体的な検索ワードは忘れてしまいましたが、検索からデジプロのサイトにたどり着きました。いま考えると、リスティング広告できっちり刈りとられた形ですね(笑)

–他のスクールと比較検討しましたか?

はい、会社でスクールに通うための稟議を通す必要があったので、比較検討しました。DMMなどいくつかWebマーケティングを学べるスクールをやっているところはあったのですが、学んで転職することをゴールにしているスクールが多かったです。

僕の場合は、すぐに実践で広告運用をしなければいけなかったので、とにかく実務で使える知識やノウハウを教えてくれそうなデジプロを選びました。

–受講前は自分にどんな知識が不足していると感じていましたか?

広告運用に関する基本的な知識がなく、Google広告の管理画面すら見たことがありませんでした(笑)ほぼ知識ゼロからの受講ですね。

–デジプロを受ける前はどのようなプログラムだと想定していましたか?

無料面談をやっていただけたので、そのタイミングで根掘り葉掘り質問させてもらいました。仕事で運用する、実際の商材を使って実戦的に学べる。そこをしっかりと確認しました。

また、Web広告以外の知識は求めていなかったので、Web広告だけに特化して教えてもらえることも条件に合っていると思いました。

–受講する前に不安だったことや気になっていたことがあれば教えてください。

2ヶ月で、本当に運用ができるようになるのかは不安でしたね。

広告を出稿した後に、どのような費用対効果があったかなどを社内で報告する必要があったので、PDCAをしっかり回して、そのレポーティングができるかも気になっていた部分です。

広告運用をなめていたことを知る

–実際に受講してみた感想はいかがでしたか。

本当に無知だったのですが、講師の方がやさしく丁寧に解説してくれたので取り組みやすかったです。

あと受講してみて、僕は広告運用をちょっとなめていたことを知りました(笑)

–そうなんですか(笑)どう考えていたんですか?

広告は運用していかなければいけないことは知っていたのですが、一度設定したらそこまで作業しなくてもいいだろうと思っていました。

でも実際は、細かく設定を変えてPDCAを回していかなければいけない。その部分では広告をなめるなと、講師の方にカツを入れられましたね(笑)

(右)担当講師の鈴木さん

–とくにデジプロが役立ったと感じたポイントを教えてください。

いろいろあるんですが、例えば、僕の扱っている商材だとどの媒体を選ぶべきかや、PDCAの回し方、レポーティングの仕方などは非常に役立っています。

わからないところをすぐにSlackで質問できたのも心強かったです。

–管理画面を触ったことがないところからすぐに操作を覚えられたのでしょうか?

これはなかなか厳しかったですね。どこにどのような設定があるのか把握できるまでに時間がかかりました。やりながら確かめているような感じですね。

–実際に運用をはじめてみて、手応えはありますか?

流入自体はかなり増やせているのですが、フォームからお試し版の申し込み、そこから有料版への申し込みというコンバージョンには結びついておらずCPA(顧客獲得単価)が高くなっています。

今後は、お試し版を利用してくれた人に対しては広告を出しわけるなど、適切なアプローチをしてコンバージョン率を高めたいですね。

–受講する前にあった運用できるかなという不安は解消されましたか?

不安はある程度解消されているんですが、運用をすればするほど新しい知らない機能がでてくるので、勉強しなければいけないことは増えています。日々勉強ですね。

広告運用を外注する人も受講した方がいい

–デジプロは、どのような人が受講したらいいと思いますか?

僕のようにこれから自社で広告を運用しなければいけない人には、ぜひ受講して欲しいですね。

広告運用に関する本もたくさん出版されていますが、基本的な内容しか書かれていないので、あまり実践向きではないのと、すぐに情報が古くなって使えないものが多いので、本気で学びたいなら直接プロに教えてもらった方がいいと思います。

–デジプロを友人にすすめるとしたら、どのようにおすすめしますか?

やはり、自社の商材を使って実践の中で教えてもらえる点が一番のおすすめですね。弊社でも社内で広告を運用するか、外部に委託するか迷っていたのですが、デジプロの受講料は外部に委託することを考えると非常に割安なので、社内でやることになりました。

–広告運用を外注する人は受講する必要がないと思いますか?

学んだ方がいいと思います。広告代理店が運用をサボっていないかは、発注側もある程度、運用の知識がないと判断できません。

もし2ヶ月前の僕が外注していたとしたら、予算だけ払っていいように手を抜かれていたと思います(笑)

–受講してみて、業務にどのような変化がありましたか?

変わったのは、新しいユーザーにアプローチできるようになったことですね。それによって戦略の幅が広がりました。

また、Webマーケティングを体系的に学んだことで、マーケティングに対する解像度が高まったと思います。

例えば、マーケティングファネルの考え方は知識としては知っていたのですが、実際にどのユーザーに対してどうアプローチをしていくのか、実務のなかでは落とし込みができていませんでした。そういった知識が実践で使えるようになりました。

–いま広告運用を任せると言われたら、いくらぐらいの金額までなら担当できそうですか?100万、1000万、1億どれくらいですか?

それは、、、任せてもらえるなら、任せてもらえるだけ頑張りたいです(笑)

それくらいの知識はデジプロで教えてもらったと思います。

–おー!!素晴らしいですね。今後の事業の目標を教えてください。

新しい商材を来年リリースする予定があるので、そこまでにしっかりと広告運用ノウハウをためていきたいですね。試してみたい戦略もいろいろあるので、ひとつずつ実施していきたいです。

dezipro